ウェルおおさか 大阪市社会福祉法研修・情報センター

過去の市民参加研修のTOPへ戻る
5F
過去の市民参加研修・内容詳細

【1503】社会福祉史の市民講座「室戸台風と罹災救助について」
目的 大阪の社会福祉の取り組みは、物事に柔軟に対応した、自由で、なおかつ現実的な姿勢があり、全国に先駆けた実践が多くあります。大阪の福祉に取りくんだ先達から学び、これからの大阪の社会福祉を推進する目的で開催します。
対象者 大阪市在住・在勤・在学者等であればどなたでも参加できます。
日程 平成31年3月2日(土) 午後2時~4時
会場 大阪市社会福祉研修・情報センター4階 会議室
内容 戦前の災害救助の公的扶助制度について振り返ることは、今日の被災者支援を考える上でも重要です。この講座では、昭和9年の室戸台風後に実施された罹災者救助をとりあげ、被災者の個別支援とソーシャルワークについて考えたいと思います。
大阪の歴史に興味がある方、防災について興味のある方に特にオススメの講座です!!
講師 追手門学院大学 准教授 古川隆司
定員 先着50人
受講料 無料です。
問合せ先 大阪市社会福祉研修・情報センター (企画研修担当)
〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20
TEL(06)4392-8201  FAX(06)4392-8272
E-mail kensyu@shakyo-osaka.jp