ウェルおおさか 大阪市社会福祉法研修・情報センター

過去の福祉従事者研修・のTOPへ戻る
5F
過去の市民参加研修・内容詳細

【115】介護職員研修 介護職援助の技術編  「アクティビティ」 
目的 介護職員に求められる援助技術の基本を学び、介護の質的向上を図ります。
この研修では、レクリエーション技術を含むアクティビティを通した、QOLの向上方法を学びます。
対象者 大阪市内の福祉事業所で高齢者等の介護に従事する職員
日程 9月5日(水)午前10時〜午後4時30分
会場 大阪市社会福祉研修・情報センター5階 大会議室
内容 介護援助技術のひとつとして「アクティビティ」の考えを取り入れ、利用者の喜びや生きがい、安心感につなげられるような実践的な援助技術方法について、演習中心に学びます。
講師 特定非営利活動法人 キャンピズ 代表理事
桃山学院大学 兼任講師 水流寛二
定員 40人
受講料 3,000円
問合せ先 大阪市社会福祉研修・情報センター (企画研修担当)
〒557-0024 大阪市西成区出城2-5-20
TEL(06)4392-8201  FAX(06)4392-8272
E-mail kensyu@shakyo-osaka.jp